今日よりも明日。一歩づつ前進する会社であり続けたい。- 協電機工株式会社

社長挨拶

2016年、4月14日夜と16日未明に私たちは今まで感じた事のない揺れの地震に遭遇し、未曾有の大惨事は多くの罪無き方々の命と幸せと笑顔を奪いました。
特に、益城町や熊本市をはじめ、県内外含めた多くのインフラや住宅に大きな大きな被害をもたらしたことは私自身も深く心を痛めました。
同時に、熊本で建設業に携わってきた私たち協電機工は、今、何をすべきなのか、地元や熊本にどう貢献できるのか、与えられた使命を強く感じながら、改めてそれらを見つめ直しております。

まだまだ出来る。
日々のお客様からのご要望に現場で全力でお応えしながら、「復興」と言うキーワードを通して、被災された多くの皆様方が一日も早く元の生活を取り戻せるよう、小さな事からひとつずつ実行してまいります。
私たちができる事はほんのわずかな事かもしれません。それでも大好きな地元の為にお役立ちが出来るのであれば、これほどやりがいのある事はありません。
今回の震災を通して、私たちは何よりも「仕事が出来る事のありがたさ」を日々感じています。
仕事が出来る事は、決してあたりまえの事ではありません。自分たちの先祖からの生命のバトンがつながる事で私たちは生かされています。生きている事は奇跡だと感じるようになりました。
そして自分たちの仕事を通して、ご縁あるお客様の安心と笑顔を、もっともっと増やしていきたいと考えています。(2016/06/20追記)


弊社は今期が68期目と古い歴史であるが、第二創業期との位置付けで日々の改善を徹底しながらの毎日を過ごしております。経営計画書を組織的価値観とする経営を行いながら、スピード戦略とボトムアップの企業文化・企業体質を目指しております。
特に代替わりをして以降は、会社の方針として社員教育に徹底して力を入れており、採用・育成・登用のシステム作りを常に改善しております。社員教育から始まり、次第に内定者の研修にも力を入れ始めました。

その後、一般学生のインターン受け入れや就職塾の開催など学生教育にも取り組んで、現在では日本ベンチャー大學熊本校の運営を別事業として行っております。

価格の見える化や、お客様の為に1分でも早く駆けつける事が出来る体制作りと、仕組み作りを検証するなどの付加価値の創造に取り組みながら業務にあたらせて頂きます。あくまで商材ではなくヒトで勝負出来る組織作りを行いながら、自社のみならず業界全体の地位向上に努めたいと日々努力を重ねてまいります。 社員やその家族が誇れて、子供達が憧れるような業界にする為にこれからも前向きに小さな事から改善を重ねていく所存です。

社長挨拶動画